2005年05月28日

マルブツシルヴァー

マルブツシルヴァー【牡3 栗東 加用正厩舎】
 父 シルヴァーチャーム
 母 ノーヴェルインカウンター
 馬主 大沢毅氏
 生産 大島牧場

大沢毅.png

今週の出走レース
 2回中京3日目10R
  白百合ステークス(オープン)

父は'97年ケンタッキーダービーやプリークネスS、'98年ドバイWCを制した名馬。
2歳から5歳まで走り、通算24戦12勝という戦績を収めました。
また今では珍しくなったTom Foolラインの貴重な種牡馬です。
供用は米国で2000年から始まりましたが、今のところ目立った活躍馬はおらず。
昨年日本中央競馬会によって輸入され、日本軽種馬協会に譲渡、本年より供用開始されています。

母系は目立った活躍馬がいませんが、母を含めて配合面では目を引くものがあります。
まず母のノーヴェルインカウンターはBuckpasserやNasrullah、Native Dancerといったインブリードを持ち、スピードの底上げや底力の補強が成されています。
その母Hot Novelにおいては現在の日本でよく見受けられるMahmoud〜Almahmoudの系列ぐるみのインブリードが早い段階から施されています。
3代母Quite HonestlyではDicoveryやEight Thirty、War Relic、さらにはBusinesslike≒Big Eventというインブリード。
さらに4代母Tesaoにおいては前述のEight ThirtyやPharos、Bulldogのインブリード、そしてBlenheimとMumtaz MahalでMumtaz Begumを再現するという大胆な配合です。
この3代母、4代母でこの牝系の礎ができ、祖母の代のMahmoud〜Almahmoudでそれまでに仕掛けられたBlenheimとMumtaz Mahal、母の持つBuckpasserのクロスでBusinesslike≒Big Eventを呼び起こすような構成です。

本馬では母の持つBuckpasserのクロスを継続させるのに加えて、母父Woodmanへと繋がる名牝Glamourのクロスを織り込みポテンシャルのベースアップを図る大胆かつ緻密な配合。
またGlamourのクロスは先程のMumtaz Begumの再現をより確かなものにする上で有効なものともいえます。
シルヴァーチャーム×Woodman牝馬という字面ではマイナーな配合からは掛け離れたメジャーな配合です。

スピードと底力を十分に補強した本馬なら、今回の小回り中京を難なくこなしてくれそうです。

マルブツシルヴァー.bmp

しばらく更新が途絶えていましたが、今後もチラシの裏程度にツラツラと更新していきます。
posted by 恐れ入ります at 07:20| Comment(34) | TrackBack(5) | 内国産馬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。